スポンサーリンク

【徹底解説】これで完璧理解!!キャンプ用ランタンの違い

ランタンには大きく分けるとLEDランタン、ガソリンランタン、オイルランタンの3種類があります。皆さんはどのランタンを使っていますか?各ランタンの使い方は知っていますか?今回は各ランタンの違いについて紹介していきます。

スポンサーリンク

ランタンの基礎知識を知ってランタンマスターへ!

明るさの値

ランタンの明るさの値にはルーメンとキャンドルパワーとルクスがあります。ルーメンは主にLEDランタンの明るさを表す値で、キャンドルパワーとスクスはガソリンランタンやガスランタンの明るさを表す値です。どのランタンにも明るさの値は表示されているので購入する際はこの値を見て購入する事が必要となって来ます。これから先この明るさの値を使用して話を進めていくので覚えておいてください。

 

メインランタンとサブランタン

ランタンには大きくメインランタンとサブランタンがあります。

メインランタンとはランタン一つでキャンプサイトを明るく照らしてくれるメインの働きをするランタンのことです。キャンプ場は街灯も少なくメインランタン無しでは生活する事ができません。メインランタンには1000ルーメン以上の明るさのランタンを選ぶといいでしょう。

サブランタンとはランタン一つでテーブルの上などをピンポイントで明るく照らしてくれるサブの働きをするランタンのことです。サブランタンには100ルーメン〜900ルーメンの物を選ぶ事が多いです。サブランタンはかなり種類があるので自分のキャンプスタイルにあったデザインのものを選ぶことをおすすめします。

 

ランタンの違いって何?

LEDランタン

出典 ロゴス ホームページ

LEDランタンとは名前の通りLEDで点灯するランタンのことです。メンテナンスや手間がかからないため初心者によく使用されています。またLEDランタンには充電式のものと電池式のものがあります。

充電式のものは本体価格が高いのですが購入後、充電費用以外は必要ないので長い事使うなら充電式をお勧めします。充電式のデメリットとしては充電が切れてしまうと使えなくなってしまう事です。そのため3泊以上キャンプへ行かれる方にはお勧めしません。

電池式のものは本体価格がやすく、電池で動くので3泊以上のキャンプでも電池さえ持って行っておけば安心して使用する事ができます。しかし、意外と電池は高いため毎回のキャンプにつき電池代だけで1000円くらいかかってしまうのがデメリットです。

是非この辺りをしっかり検討し購入してみてください。

 

ガソリンランタン

出典 コールマン ホームページ

ガソリンランタンはガソリンを燃料にするランタンのことです。ガソリンランタンは点火の際にポンピング作業や点火作業があり手間がかかってしまいます。そのため初心者の方には扱いずらく、ベテランキャンパーにお勧めです。またガソリンランタンは炎の光でおしゃれな雰囲気を出してくれます。ガソリンランタンの炎の光は温かみがあるのでおしゃれキャンプには必需品です。さらにガソリンランタンは100年でも使える優れものです。親の代から子供の代まで引き継いでいってみてはいかがでしょうか?

 

オイルランタン

オイルランタンは灯油を燃料とするランタンです。オイルランタンもガソリンランタン同様、ポンピング作業や点火作業が必要なのですが、手入れをすれば長いこと使え雰囲気もかもし出してくれるランタンなのでベテランキャンパーさんにおすすめです。さらにガソリンと灯油を比べると圧倒的に灯油のほうが安いのでランニングコストを抑えたい方におすすめのランタンです。

 

これで完璧!ランタンの使い方

LEDランタン

LEDランタンの使い方は簡単でダイアルを回したりボタンを押すだけで点灯します。消灯の際も同じくダイアルを回すかボタンを押すことで消灯します。とっても使いやすくガソリンランタンやガスランタンの様に火を使わないので安全です。やはり初心者向けのランタンと言えます。

 

ガソリンランタン

点火手順として

①燃料を入れる

②ポンピングをする

③ダイアルを回して着火したら完成です。

手順を見た感じは簡単そうなのですが、着火時に大きな炎が上がることやポンピングに力がいる事があります。慣れれば簡単にできる作業なのですが慣れるまでが大変で結構苦労される方も多いです。アウトドアショップなどに行き使い方をしっかりレクチャーしてもらってから購入する事をお勧めします。

 

オイルランタン

オイルランタンは2種類の付け方があります

一つ目はガソリンランタン同様ポンピングして点灯させる物です。やはりこの作業は大変で挫折される方も多いです。2つ目は燃料タンクに灯油を入れ、芯を通じて染み上がってきた灯油に着火するものです。こちらのタイプのランタンは比較的簡単で特に大変な作業もないので初心者でオイルランタンを使ってみたいという方にお勧めです。

オイルランタンに共通して言える事はメンテナンスが必要という事です。どうしても灯油は燃焼させると煤が出やすいためランタン本体に煤がたまりやすくなります。その溜まった煤に再び火がつく事でさらに大きな煤を生み出すという悪循環が起こるので定期的なメンテナンスは必須と言えます。

最後に

いかがだったでしょうか?ランタンの違いについて知ることはできましたか?各ランタンメリットもデメリットもあります。ランタンをよく知った上で自分のキャンプスタイルにあったランタンを選ぶことをおすすめします。またよくランタンを持たずにキャンプへ行かれる方がいますが、キャンプ場は街灯がないため本当に危険です。必ずランタンは持っていく様にしましょう。

 

コメント

  1. […] 詳しくはランタン編でお話しします。 […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました